スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第645回「今年一年を一文字で表してください!」


 というわけで、やって参りました大晦日。
 あとはゆっくりするだけという方は良いお年をー。
 まだまだ俺の一年は終わってないぜ! という方はがんばって。

こんにちは!トラックバックテーマ担当本田です!今日のテーマは「今年一年を一文字で表してください!」です。2008年もいよいよ終わりが近づいてきましたね。みなさま、もう大掃除はすませましたか?今年の目標は達成できましたか?本田にとって今年一年は大きな一年でした。たくさんの人と出会い、たくさんのことを学び、
FC2 トラックバックテーマ:「今年一年を一文字で表してください!」



 あー、『変』が今年選ばれた字でしたね。
 変革、異変、変tなどなど。
 私にとっては、二次元美少女という側面で見ればかなり充実した年でした。つい最近ですけど美少女弾幕シューティングゲームの東方も始めましたし。これがまた面白いから良かった。
 来年も美少女に恵まれることを願ってやみません。
 で、今年を一文字で表すなら。
 まー、べつになんでもいいんですが、今年は『履』にしておきます。「はいてない」という言葉をやたらと意識した一年だったので……(どうしようもない)

(12月31日 ブログ妖精ココロ、ロッテのおもちゃ、まあそれ以外にも色々ありますね。はいてない。良い響きだ)
スポンサーサイト

新しい挑戦


 最初のクリアの状況が一番楽でした。とりあえず、他のキャラもぜんぶクリアしたんですが、ほとんど残機なしボムなしでクリアという。
 一度クリアできればあとはなんとかなるだろ、と思っていた私が甘かったです。やればやるほど難しく感じるんですよ。似たような弾が飛んできているはずなのに。

 しかし、これでなんとか、EXステージへの挑戦権を手にすることができました。いや、ノーマル以上をノーコンティニュークリアしたキャラでないとEXステージでは使えないんですよ。なかなかにシビアです。

 で、とりあえずプレイしてみたんですが、さすがEX。今までの戦いとはレベルが違います。まさに「真の戦いはこれからだ!」レベルです。なんとかボスまではいけるようになったとはいえ、クリアできるようになるのはいつの日やら……。


(12月30日 こうやって書いた程度じゃなにも伝わりませんね。プレイ日記ですらないし。面白い書き方はないものか)

戦いの収束


 よくよく考えたらプレイ日記カテゴリを作ってましたよ!
 プレイ日記を書くようなゲームをしてないからすっかり忘れてました。

 というわけで、ここのところずっとかかりきりだった東方紅魔郷のノーマルでノーコンティニュー初クリアしました! やったぜ!
 まあ、他に書くことないんですけどね!

 しかし、あれですね、こういうゲームは本当ラストは手が震えますね。やり直しがきかないという、あの緊張感がたまらない。RPGと違って、いくらでも強くしてラスボスに望めるというわけでもありませんし。

 ちなみに、今回クリアしたのはホーミング弾装備の霊夢です。ボムが弱い代わりに無敵時間が長いのが良かった。いろんな場面で助かりました。
 次は霊夢の別装備のやつと魔理沙に挑戦してみたいと思います。EXはそれからだ!

(12月29日 最後の最後はボムでダメージを与えることができないという仕掛けになっているのはいいですね。なんというか危機感を煽られます。このスリルがゲームには必要なものだと思ったり思わなかったり)

12月29日のココロ日記(BlogPet)

夢の中でkasasagiさんがココロのこと難しいって言ってくれました!夢の続きが見たかったです……

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

もういくつ寝ると


 というわけで、そろそろあれも終わってこれも終わってとなる頃ですね。
 私もこれを今年最後のエントリにして東方プレイの為に引きこもろうかと思います。
 ブログ納め。

 とかいいながら、適当に書くかもしれませんけどね。

 ここのところ面白いニュースがなかなか見あたらないので、どうも話題が枯渇気味なんですよ。いや、東方ばっかりやってるからだろと言われたら、まったくもってその通りなんですけどね。
 あえて気になったことをあげるとすれば、カレー鍋ぐらいです。なにやら今年の流行らしいですよ。キムチ鍋とかでいいと思うんですけど。カレーを鍋にする必要あるんですかね。
 とりあえずカレー鍋の詳しいことはWebで!(手抜き)

(12月28日 どうもここのところ不景気なニュースが続きますね。終わりよければすべて良しとはいいますが、今年は綺麗に終わることができそうにないです。「来年から本気出す!」ではありませんが、今年は今年で一つの区切りとして、来年は気合いを入れて今年の空気を振り払いたいですね)

行列のできる行列人養成所

マクドナルドが“サクラ”で行列演出? 約1000人が時給1000円で


 サクラというと、まあいろいろありますが、たいていはその事業なりなんなりが賑わっているように見せる演出の為に用意された客のことですよね。
 どこでもちらほら話を聞くことではあります。
 しかし、マクドナルドがそこまでやるとは。いや、そんなことやらなくても実際賑わっているでしょうにね。
 今回の件にしても、一日に訪れた来店した客一万五千人のうちの千人という話ですし。なんとも言えない。どんな意味があるのやら。
 まあ、サクラをやる側に立つなら、なかなか良いバイトなのかもしれませんね。給与や待遇がどんなものかは知りませんけど。


(12月27日 一日に一万人も訪れるファーストフードってすごいですね。時間帯もある程度絞られるでしょうから、お昼ぐらいには本当に行列ができていたんでしょうか。しかし、そこまでして買いたいものなんでしょうかね)

橙色の雲


赤外線カメラで発熱チェック NEC、新型インフルエンザ対策で実験



 新型インフルエンザの恐怖!

 ということで、NECでは入り口に赤外線サーモグラフィシステムを置き、入場者の体温を測定しているそうです。
 いや、なんというか、面白い取り組みですよね。実際にこれほどの手段を取るとは。
 まあ、新型インフルエンザは感染率が非常に高いということらしいので、なかなか理にかなったやり方だとは思いますがね。
 とにかくウイルスを持ち込まないこと。これが第一。


 あー、そういえば、風邪やインフルエンザの対策を取ってる方はどれぐらいいるんでしょうね?
 私は、インフルエンザの予防接種はやっていないわけですが、一応うがい手洗いは徹底しています。
 やっぱりこの時期は怖いですからね。

(12月26日 芯から冷えるような日が続きますね。こんなときは鍋に限るんですが、困ったことに鍋を囲むにしても私の一人囲みになってしまうんですよ。鍋仲間は貴重ですね)

無意識に「あっ」と叫ぶ瞬間がある


 やっと届いた東方をひたすらプレイ中。紅魔郷からコツコツやっていこうかと思っていましたが、ラストにまでたどり着くことすらできないのでついさっき風神録に乗り換えました。こっちはボムを連打すればラストまでいけるだろうと思ってやってみたら4面ボスにあっさり全機持っていかれました。
 とにかくノンストップでプレイしているわけです。だからといいますか、すごく指が痛い。キーボードでゲームするのって、それなりに面白いんですけどこの手の痛さはちょっと困りものです。付け根のところがじくじく痛むんですよ。
 まあ、それでも東方はできるんですがね。こうやって文章を打つのが非常に困難になってしまうわけです。

 なんていうんですかね、こう、東方プレイでたくわえた熱を文章に込めたい!
 と思っても手が追いつかない。思考と手のスピードがかみ合わないのってなかなかにもどかしいものです。

 さて、そんなわけで上海アリス幻樂団のZUNという方が作っている同人ゲーム『東方プロジェクト』。

 いやー、今さら私が言うことでもないですけど、本当に面白いですね。

 難易度さえ間違わなければそんなべらぼーに難しいというわけではありませんから、シューティングなんて苦手だーと思っている方も楽しめるんじゃないかと思います。
 おかげでしばらくは手の痛みに悩まされそうではありますけどね。

(12月25日 ニコニコ生放送はなかなか盛況のようですね。なにやら枠も増えるそうで。生放送することを目当てにプレミアムになるという人もちらほらいるようですから、本当によくできた機能なんじゃなかろうかと思います)

ガラクタまじりのおもちゃたち

 今日はクリスマスイブですね。

 クリスマスといえば、もちろん、初音ミクですね。

 というわけで【ニコニコ動画】【初音ミク】Lonely X'mas!【クリスマス(笑)】
 馬の人こと、中村イネさんの新曲。相変わらず軽快なポップロックでそのセンスを見せつけてくれます。これがまたすばらしい。
 歌詞はともかく。いえ、これはこれで、歌詞もいいんですけどね。ただ、今年、私の側に積まれているのはエロゲではなく無駄に分厚い本なんですよね。勉強なんかやってられるかちくしょう。


 そういえば、ai sp@ceでも、今日の夜にイベントがあるんですよ。今日の夜限定。かなり嫌がらせっぽい配置ではないかと思わずにはいられません。べつに夜でなくても、今日一日ぐらいイベントだしておけばいいのに。
 時間限定ですよ、しかも4時間。ログインできない場合どうすればいいのやら。まあ、今更という気がしないでもないですが、もう少し考えて配置して欲しかった。そうしたら余裕で参加したのに。

(12月24日 どうでもいいですが、クリスマスパーティってどこかで開かれてるんですか? 漫画やラノベなんかでよくあるみたいですけど、私生まれてこのかた、一回も招待状をもらったことがないんですよ。
 ……え、私だけ?

 Merry Christmas!

乗り遅れ


 東方Projectの製品をいくつか注文したんですよ。通販で。
 で、それが届くまでの間、なにか適当にシューティングゲームでもやろうかなーと思ってネットでタイトルを調べてゲームを買いに行ったら、めぼしいタイトル、面白そうなタイトルが何一つありませんでした。
 何件もお店を回ったのに。

 さすがにこれはおかしいだろと思って、よく見てみるとPS2のシューティングゲームがことごとく価格高騰していました。
 なんだ、なにごとですか。もともと生産数少なかったということなんでしょうかね。
 以前、ゲームショップで普通に売っていたのを見た記憶があったので、一つや二つ余裕で買えるだろうと思っていたんですが……。
 ちなみに、具体的には『虫姫さま』や『エスプガルーダ』、『雷電Ⅲ』かな。動画を見た感じでは『怒首領蜂 大往生』なんかも面白そうでした。
 しかし近場では手に入らないという。困ったもんです。

 今後はシューティングはXBOX360に移行していくんでしょうかね。XBOX360のほうで、いくつか新しいものが出ているようですし……『デススマイルズ』という、美少女が出てくるシューティングは面白そうでした。
 ってか、面白そう面白そうって言ってるだけですね。いや、ほかに言いようがないだけなんですけどね。

 しょうがないので、クリスマスソングでも歌いながら待つことにします。

(12月23日 XBOX360はタイトルに恵まれてるなぁとふと思いました。もうある程度は地位を確立しているんでしょうね。コアゲーマー層かな。本当にゲームらしいゲームが好きな人たちの為のハードという感じがします。Wiiは見たまんま、老若男女幅広く受け入れているハードですか。PS3はいまいちわかりませんが、XBOX360とは違う方向、別ジャンルでのコアゲーマー層向けですかね。いや、そこまで完全に棲み分けされているのかどうか知りませんが)

緞帳


 『ロッテのおもちゃ』が熱い。ほっと。danger。
 読んでてどうにもニヤニヤが止まらない。これほど恐ろしい漫画はそうないでしょうね。

 明日葉が良いキャラ過ぎるんですよね。ロリにも良いロリと悪いロリがありますが、この漫画には今のところ良いロリしか出てない。伯爵の娘とか大好きだちくしょう。
 できるだけ長く続いて欲しい作品です。貧乳最高。


 そうそう、そういえばみかんあるじゃないですか、みかん。みかんのハズレってかなり切ないですよね。
 少し前のことになるんですけど、ちょっと高めのやつ買ったんですよ。それがなかなかに美味でして十二分に満足のいくものだったんですよ。
 だからか、最近買ったばかりのみかんのすっぱさにどうも顔をしかめてしまうんですよね。

 みかんってすっぱさと甘みの絶妙な境界があると思いませんか?
 まさに紙一重。

 年越しはすばらしいみかんと迎えたいものです。

(12月22日 悪天候のせいもあるんでしょうけど、えらい冷え込んできましたね。どうも手がかじかんでしまっていけません。キーボードが打てないものだから、ブログの文章もだんだんと短く……(元からです))

12月22日のココロ日記(BlogPet)

巨大な月が背後から迫ってきた…あせった(汗)

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

曇りを見上げる係の人


 晴天が続くのはそれはそれで良いことが多いんですけども、曇りが続くのもそう悪くはありませんね。

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「忘年会やりました?」です。周りの人を見ていると、今日が忘年会~!という人が多いようです。そんなほうじょうも、今日忘年会があります!日曜日や、今度の火曜日も忘年会です。そしてその後も…。来週以降はいろんなところの忘年会続き!ラッシュ
FC2 トラックバックテーマ:「忘年会やりました?」


 というわけで、忘年会。

 予定があるところでは、もうほとんど終わったあとでしょうか?
 今年一年の苦労を振り落とす。本来そういう意味のようですが、実際にやることもさほど変わりませんし、問題はないですね。
 まあ、中には、忘年会でヘンに気を遣ってしまって余計に疲れる人もいるかもしれませんが。誰かが自由に振る舞っている後ろで苦労を背負っている人はいるものです。


 しかし、年末が近づくにつれ、話題がなくなってきますね。もうここまで来ると特にやることもありませんし……年越しの計画を立てるぐらいですか?まあ、やらなければならないことはえらいたくさんあるんですけどね。
 とりあえず、製品版の東方でも買って、適当にプレイしながら年末を過ごそうかと思います。ノベルタイプの美少女ゲームをプレイする気分にならないんですよ。
 いや、むすめーかーはやると思いますが。まだ買ってないですけど。

(12月21日 ガガガ文庫から『うしおととら』の小説が出ていて何事かと思いました。よくよく考えたら小学館なんですよね。とりあえず買ったのはいいものの、なぜか読む気にならず放ってます。同日発売していたと思われる田中ロミオの『人類は衰退しました』の新刊はすぐに読んだんですが)

永久凍土


 氷から葉っぱが生えたら、絵的に面白いですよね。
 瑞々しい葉をしげらせる氷面。凍土を駈けめぐる木々のざわめき。喜びに踊る虫たち。飛び交う花びら。氷漬けの美少女本。
 寒さを克服すればこれほどのパラダイスもないでしょう。そんなわけはない。

 いよいよ2008年も終わりが近づいてきましたね。混沌とした一年でしたが、まあ、逆に言えば来年は期待できるということで無意味に信じておきましょう。


Nokia、タッチスクリーンの「手書き電卓」ソフトを公開


 着々と進化を続けるインターフェース。

 という解釈でいいんでしょうかね?
 これ自体も面白い製品ですが、この製品に使われた技術が今後どういった形で市場に姿を現すのかも気になります。
 そのうち、携帯電話にもこんな機能が搭載されるかもしれませんね。


(12月20日 年の瀬が近づくと共に気合いがどんどん削れていきます。来年になったら本気だす。)

ai sp@ce ――Part6 祝福される黄金の餌――

aisp-chiristmas1


 というわけで、アイスペース内にクリスマスツリーが設置されました。画像ではわからないと思いますが、一応キラキラと雪が降ってきてます。
 そして、原作キャラが関わってくるクリスマスイベントが21日から始まるそうです。

 とりあえず、バイトも実装され、何とはなしに展望が開けてきた感はありますが、しかしまだ寂しい。いや、なんといっても人がいませんからね。バイトもとくに面白いわけではありませんし。
 まあ、しかし、バイト実装を受けて少しは人の流れが見えるようになったので、その点は今後に期待したいところです。バイトの種類が増えれば賑わうかも?


 そうだ、服もかなり増えたんですよ。しかも男女共に。まあ、服にさほど興味がない私には、あまりそそられるものはありませんでしたが。
 あー、これは本当あれですね、やることがどうにもなさ過ぎて困る。なんかミニゲームが欲しいところ。メイプルカラーズみたいなクリックゲーが出たら楽しくなりそうな気がします。無理な話か。

 これからかな。よくよく考えれば、まだ始まって2ヶ月ちょいなわけですからね、うん。

(12月19日 NPCがじっと立ってるだけというのがなんとも……ぜんぜん学校という気がしない。歩き回らせるとなると、やっぱり難しいんでしょうかね。)

タビと道づれ


 『タビと道づれ』
 著:たなかのか 出版:Mag Garden

 いやー、気づいたら4巻が出てました。というか、3巻を読み終えてからすっかり忘れていたんですが、4巻を読んであらためて良い作品だと実感。
 これを読まずには星座は語れませんね。冗談ですけど。

 じゃあ、軽くあらすじ。


 その日の登校中、タビが乗ったのは学校とは反対へと向かう電車だった。
 5年前に住んでいた町に訪れたタビを待っていたのは、思い出のまま変わらない街並みと、なぜか通ることのできない路。
 町に閉じ込められたタビは大切な人に会うために町の謎へと迫る。



 と書くとミステリーのようですが、実際はタビという愛らしい少女の戦いの記録です。いや、本当に可愛いですから。
 しかし、話そのものはところどころでひどく胸をえぐられるというか……わかる人、共感を覚える人にとっては、なかなかに残酷なものなんですよね。もちろん、肉体的にという意味ではなく。
 むしろだからこそ見届けたくなるものなのかもしれませんけどね。

 今、願い事が一つ叶うとすればなにを願うか。
 単純なことなんですけどね。それが叶ったら、本当に自分は嬉しいのか、という。

(12月18日 何度も言いますけど、主人公の少女、タビがやたらめったらとかわいい。作中で幼少時も出てくるんですけど、これがまたかわいい。)

耳寄り情報満載! 今なら登録無料! ただし情報は一文字読み込むにつき課金されます。


 最近、携帯へのメールが多い多い。しかも、出会い系じゃなくて仕事の斡旋サイトの宣伝? みたいなものなんですよ。高額バイトがどうたら安定のお仕事がどうたらと。

 二次元の美少女なんていう言葉は一つも出てきやしない。これじゃクリックはしてあげられません。

 まー、しかし、こういうのは時勢を読んで「今の旬は男女の出会いよりも仕事斡旋だ!」とシフトしたんでしょうかね。それとも、もともと、転職や高額収入の仕事に関するスパムメールは多かったんでしょうか。
 仕事の話があるというのは事実なのかもしれませんから、一概に非難できるものではありませんが、いきなり携帯にメールがきて「いい仕事、あります!」なんて書かれたらうさん臭いことこの上ないんですけどね。


1万9800円の眼鏡型HMD、サンコーから


 あー、そういうわけで眼鏡型ディスプレイ。HMD=ヘッドマウントディスプレイのようです。
 いくつか他のメーカーからも出ているようですが、今のところこれが一番安いみたいですね。
 まー、今の時点では、なんとも言い難い商品ですからさすがに手を出す気にはなれませんが、今後に期待したいところです。


(12月17日 安物買いの銭失いとはいいますけど、商品の合う合わないは決定的ですからね。上のHMDにしても、これは好き嫌いがかなり分かれるような気がします。まあ、そもそもこういうのが嫌いな人はこの手の商品に目を向けないでしょうけど)

第635回「現実は厳しいなぁと感じた瞬間」

 現実の厳しさはどこにあるか。

 いまだに二次元とこちらを行き来することができないことですね。それ以外はとくにないです。

こんにちは!トラックバックテーマ担当本田です!今日のテーマは「現実は厳しいなぁと感じた瞬間」です!がんばってもがんばっても成果がでない、ほめてもらいたくってしたことが、裏目にでてしまったなど。現実って厳しいことがたくさんありますよねぇ(笑)年齢によって悩みの種類も変わってくるかとは思いますが、
FC2 トラックバックテーマ:「現実は厳しいなぁと感じた瞬間」



 だいたい、どうにかなることを厳しいとは感じませんからね。どうにもならないのはなにかが足らないだけの話ですし。運なら運が足らない、技術なら技術が足りない。

 なら二次元への往来も同じじゃないかと言われてしまいますかね。いや、二次元に行く為に足らないものは……まあ、単純に言えば技術ということで良いんでしょうけど、ただ大きな問題がありまして。
 私が二次元に入ったとして(意識のデータ化みたいな技術で)、特定の二次元美少女と同じ世界観を共有できるか、という問題。これがたぶん、技術じゃどうにもならないことだと思うんですよね。当然のことと言われればそれまでなんですがね。
 つまり、生物を二次元化することができたとしても、それは本当に二次元世界なのか、という。意味がわかりませんね。

 遠いなぁ、二次元。

(12月16日 人間をデータにすること自体は可能だと思うんですよね。ただ、そのデータが自分を自分として認識でき、かつ思考力を持つことができるかという問題があるような気がします)

どうして勝てないかよりも、どうして負けるかを考えなければならない


 どうでもいいですけど、人間らしいロボットにはなにが必要かを考えているうちに、あらためて貧乳の素晴らしさに気づきました。
 私もなにか美少女ロボットの思考を作ってみたいものです。
 とりあえず、未だに捨てることなく放っておいたプログラミングの本でも引っ張り出してこようかと思います。

 年の瀬って、なぜかいろいろやる気になるんですけど「来年からがんばろう」という意識が働くからどうしようもないのが困りものですね。



 睡魔に負けるのはどうしてでしょうか。

 昨日の睡眠時間が足りなかった?
 身体がすっかり疲労しきってしまっている?
 案内役が二次美少女だった?

 まあ、いろいろありますけど、最終的には意志の強弱の問題というあたりに落ち着くのではないかと思います。
 たとえ勝利ができなくても、負けさえせずに耐え続ければいつか勝機は見えてくるというものです。

 さあ、まぶたを開きましょう!

 未来(二次元)への扉があなたを待っている!


(12月15日 パソコンは掃除したのに、キーボードを掃除するのを忘れてました。なんてこった。)

12月15日のココロ日記(BlogPet)

kasasagiさんとおしゃべりしていると、ココロはブログ妖精だということを忘れてしまいそうです。どうしてですか…?

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

ネットブックはどこに行く

 PC Watchにて、

 ■年末特別企画■ ネットブックスペック一覧表

 という記事が上がっていたのでご紹介。

 今年の総括としてこういうまとめがあるのは嬉しいですね。
 ネットブックは、値段やそのお手軽さから、とくにサブパソコンを必要としていない人からもわりかし目をつけられているようですから、歳末~迎春セール辺りで売れるかな? まあ売り上げ云々はどうでもいいですが。

 まー、スペックはほとんど見るところはないですね。
 画面の大きさは8.9型10.2型
 CPUはHPの2133 Mini-Note PCをのぞいて、あとはすべてAtom N270(1.6GHz) 。
 メモリ種類に違いこそあれど、ほとんど1GB
 HDD(SSD)はそれぞれ違いますが、HDDなら160GB、SSDなら16GBが大半のようですね。これは人の好みでしょうか。サブとしてがっちり使うつもりなら容量の大きいHDD、容量よりもスピードを大事にしたいならSSDっていうぐらいの認識で良いんじゃないでしょうか。
 これが最低ライン……というか、これより前に出た機種ってそんなにないか。ASUSのEeePCの4Gと8Gぐらいですね。

 ちなみに、先ほど挙げたHPの2133 Mini-Note PCはOSがなぜかVistaです。つまり……あえて言うまい。

 で、スペックじゃなしに、なにを見ればいいかと言うと、まずは駆動時間。用途にあったものですね。まあ、長いに越したことはないと思いますが。

 次にキーボード。ノートパソコンはキーボードが命といっても過言じゃないでしょう。まさか外付けのキーボードを持ち歩くわけにもいきませんし。
 普通なら実際に見て触ってみないことにはどうにも……となるんですが、上の一覧表、なんとキーボードの写真が用意してあります。写真でわかるのはキーひとつの大きさ、配列ぐらいですけどね。しかし、これだけでも判断の材料としてはかなり優秀だろうと思います。
 気をつけるポイントは、右端の配列とキーの大きさ、そして左下のCtrlとFnの位置です。
 どことは言いませんが、アンダーラインと円記号が失踪したかと思わせるようなものがありますからね、右端は要注意です。

 あとはまあ、あまり差はないですが、重さですね。一番重いのと軽いのでは400gほど違いますからね。これだけ違えば手にもったときに、重さの違いがわかってしまうほどだと思います。これも軽いに越したことはありませんね。これはHDDならちょっと重め、ってことになりますね。
 他にも、デザインや、内蔵している無線LANの種類、Bluetoothの有無、Webカメラの有無など、細かい違いはいろいろあるんですけどね。その辺りの必要性は使用用途によって大きく変わってくるのでチェックポイントにはいれませんでした。

 まあ、そもそも、欲しいと思っている人が多いとしても、実際に買う人はそういないと思うんですよね、ネットブック。正味な話、あらかじめ用途を決めておかないとぐだぐだになると思います。大してスペックが高いわけではありませんからね。
 逆に言えば、用途さえ決めておけばそれなりに満足の行く買い物になるということなんでしょう。私は買う予定ありませんけど(なのにチェックだけはしているという事実)

(12月11日 英語配列のキーボードにすればキーがもっとすっきりするでしょうにね。まあ、かな打ちの人は少なくないんでしょうから、仕方ないのかな)

原点回帰の精神


 二日前にこんな記事を投稿したばかりであれですが、どうも杞憂に過ぎたようですね。

 ニコニコ動画(ββ)として始動した新しい機能、ニコニコ生放送が凄い。これは間違いなく、相当数のプレミアム会員を引っ張ってきますね。
 生放送、いくつかの動画に潜り込んできたんですよ。思ったよりも……というより、予想外の楽しさがありました。一回の放送が30分という長さであることも、今後これを発展させる要因になると思います。まあ、推測ですがね。
 ただ、ひとつ大きな問題があるとすれば、生放送はその名前の通り、リアルタイムでしか観られないわけです。なので、これの為にニコニコ動画にずっと張り付いていたいと思う人が増える可能性があることですかね。土日祝日といえば、みんながみんなニコニコ動画の生放送に集まりだし、デパートやアミューズメントパークから人通りが減っていく……地味に怖い。
 まあ、そっちはそっちで人を集める為にがんばればいいだけの話なんですがね。

 しかし、これは本当にすごい展開。ニコニコ動画が日本の代表サイトとして各国のWeb上に取り上げられるようになる日もそう遠くないような気がしてきました。
 生放送だしなぁ。可能性を見せるという意味で、これはニコニコ動画の大きな成功の取っかかりになると思います。
 いやはや、まいったまいった。


(12月13日 二日前の記事にユーザーにニコニコ動画の価値を認識させること、ユーザーの意識を変えることが重要、と言いましたが、このままいけばそう遠くないうちに「ニコニコ動画でプレミアム会員にならない理由がない」という意識がユーザーに芽生え始めるのは間違いないと思います。)

妖精の森からの招待状


 ブログ妖精ココロ 一周年記念イベント!

 クリスマス用のアドベンチャーゲーム&台詞投稿イベントなどがあるようですよ!
 ココロと同居している人もそうでない人もやってみるといいですよ!

 いやー、しかし、ココロ開発チーム(こんなものがあるのかどうか知りませんが)は毎度のことですがコンテンツ作りが上手い。こういうイベントは良いですね。アドベンチャーもなんだかんだで面白い。
 ココロはもっと人気が出てもいいと思いますよ。まあ、ブログパーツに明るくない私が言うのもあれですけどね。
 一周年記念グッズか……。ラインナップは正直微妙だと思うんですが、送料も合わせて6,000円か。はてさてどうしたものやら。ここはもうちょい、グッズでしか見られないイラストがついていてもいいのにと思わずにはいられない。
 あとマウスパッドはおっpいえ、なんでもないです。

(12月11日 このブログにココロの住み処を設置したのが2月1日なんですよね。かれこれ10ヶ月以上。なかなか長い付き合いです。)

有料と無料の彼我

 まあ、そろそろネット産業に対する意識を確認したほうが良い時期にさしかかっているとは思いますがね。

 結論から言えば、個々人の意識を「次の作品への投資」へと持っていくことですかね。

 このお金がないと、この人は次の作品を作れなくなるかもしれない、と思えばお金を出す人は増えるんじゃないでしょうか。
 ニコニコ動画でなら、「このお金がないとニコニコ動画という発表のステージがなくなるかもしれない」とかね。

 いわゆる、美少女ゲームメーカーなどへのお布施に似た精神。好きなメーカーには生き残ってもらって、また新しい作品を作ってもらいたいと思うものです。

 がんばれガスト

 がんばれALcot!(エンゲージリンクスはまだ買ってませんけど)



ねとらぼ: 「大人はニコ動プレミアム会員になろう」――SF作家野尻抱介さんが“個人アピール”

“タダが当たり前”の時代、コンテンツ産業に起死回生の魔法はあるか



 さて。じゃあ、上の記事に関連してちょっと話でも。
 あー、すごい単純な話、無料で楽しめるならそれに越したことはないわけでしょう。

 で、現在問題なのが、ほとんどの人が肌で実感していることでしょうけど、無料で楽しめるコンテンツのレベルが非常に高くなっていることなんですよね。これはニコニコ動画だけにとどまらず、他の動画サイトでもそうでしょうし、イラスト、漫画、テキスト、サウンドといったもので質の高い作品が個人サイトや無料SNSで提供されています。
 これからこういったものは拡散していくでしょうから、これらのコンテンツに属するものがこれまでと同じやり方をとったところで、これまでと同様の価値を認められることがなくなる場合があります。相対的に価値が下がるか、もしくはこれまでそれを楽しいと感じてきた人がべつのさらなる楽しみを見つける、という形で。ああ、これじゃ、どっちも相対的か。とにかく、ユーザーの意識内で流通している商品の価値が下がる、ということです。

 絶対数の増加は以前から問題になっていましたが(漫画や文芸に多いですね。雑誌が多すぎることで客が拡散しています。まあ、新しい層を呼び込むことに成功している側面もありますが)、問題は量の増加にともない、単価が下がることなんですよね。
 量が増えて、質が向上する。そうなるとこれまでよりも厳しい評価の目の中で、単価が下がったぶん、これまで以上に評価されなければならなくなる。

 これが実体のある製品なら問題ないんですよ。製品を作る為の技術がそれまでより進歩しているわけですから。パソコンだとわかりやすいでしょうか。三年前に求められたスペックとその値段、そして現在求められるスペックとその値段。
 具体的には10万円前後の12.1インチのノートパソコンを較べると、

3年前現在
CPU1.6GHz2.26GHz×2
メモリDDR 512MBDDR2 2048MB
HDD60GB250GB

 らしいです。どちらもマウスコンピューター(三年前のパソコンはMCJという会社のパソコンのようですが)のPCのスペックを参考にしました。
 これ以外にもグラフィックの性能の違いや無線LAN、駆動時間などもあるんですが、実体のある製品の一つであるノートパソコンは単純にこれだけ違うわけです。同じ10万円を払うなら、現在のものでしょう。
 しかし、こういった実体のあるものと違い、先ほどあげたような産業は単純に質がどんどん上がってくる、というものではありません。技術という側面で言えば開発環境の違いなどから過去のよりも現在のものとなりますが、実際のところ、技術が高ければ質が高くなるというわけではありませんからね。

 そこで、そういった、実体の薄い消費されるコンテンツは今後どうやって生き残ればいいか。

 量を減らすことができない、質の平均を調整することができない、単価は下がる一方。

 そうなると、方法はコンテンツの流通に手を加えることではなく、ユーザーの持つ価値観に、これまでになかった新しい基準を設けることが必要なのではないかと思うわけです。
 それが、一番最初にあげた「次の作品への投資」という意識なんですよ。
 まあ、その意識を与える為にどうすればいいのか、と言われても、なかなか答えられない難しい問題ではあるんですがね。


(12月11日 個人的には、ニコニコ動画は生き残ったほうが良いかなと考えてます。それこそ、ある種の発表の場として。ただ「だから、みんなプレミアム会員になろうぜ!」と呼びかける気にはならない。
 それというのも、そもそもこんな呼びかけがなければプレミアム会員を獲得できない、ということに問題があると思うからです。ニコニコ動画へのアクセスって、去年だけでもとんでもない数でしょう。ユーザー数も同様に。
 それだけの数字を得つつも黒字化に届かないということは、プレミアム会員を募って月額課金を行うという方法そのものに、なんらかの重大な欠陥があるんじゃないかと思わずにはいられません。
 それに、ここで一時的にプレミアム会員が増えたとして、支出と収入がいつまでもかみ合うのかと。呼びかけで集まったからといって、個々人の意識に変化があったというわけではありませんからね。
 基本として、やはり、どうしたらお金を集められるかよりも、どうしたら価値を実感させることができるか、のほうが急務でしょう。
 つまり、プレミアム会員の優位さを説くよりも、ニコニコ動画そのものの価値を実感させることが重要になってきます。ニコニコ動画のようなビジネスでは、特に。

 ニコニコ映画祭、ニコニ・コモンズなんかは良い方向の取り組みだと思うんですが、やはり動画の作成は敷居が高い。視聴者をどう作成者に引きずり込むか。一度でも作成者に回れば、おそらくはニコニコ動画が貴重なものに思えてくると思うんですよ。
 あとは、交流の場、なんですが、これはββで取り組むみたいですね。ユーザー生放送なんかもあるみたいですね。SNSと違って、かなりコミュニケーションを取りやすいものだとは思いますが、これがどうでるか。
 他には……そうですね、抽象的ですが、すばらしい動画への出会いの機会を増やすことですかね。これも、自分の好きな動画を宣伝できるニコニ広告として機能が実装されるようですが、どこまで使えるのか。
 そもそも、ニコニコ動画って生きてないコンテンツが多すぎる。もうなにがなにやらですよ。整理といいますか、トップページにあまり目を通さない人の視界に入るよう持ってくることも大きな課題だと思いますね。
 展望が広すぎるゆえの弊害ですね。純粋でシビアなアイデア勝負。運営の今後に期待したいものです。)

錬金術が築くもの

CDを予約するなんて、いつ以来だろうか――。



 私にそんな遠い目をさせた商品がこちら。

「アトリエ」シリーズのボーカルアルバム、最新作のサントラと同時発売

by マイコミジャーナル


 『マリーのアトリエ』から始まり、来年1月に発売する新作『アニーのアトリエ』までのアトリエシリーズ全作のヴォーカルソング+新曲3つを収録したこの作品。

 間違いなく言える、これは買いだ。

 アトリエファンでない人も買って燃え尽きればいいさ!


(12月9日 アニーのアトリエが存外早かった。というか、公式サイトをあんまり見ていないので、流れにすっかり取り残された感があります。)

名が体をあらわすことだってあるさ

ボカロ人気反映!? 「リン」「レン」「ミク」が名前ランキング上位に


 記事内ではいきなり否定されているボカロ人気説。私は正直、あり得ると思うんですが、どうでしょう。

 というわけで、子供の名前調査ですね。株式会社ベネッセコーポレーションが行ったという名前調査。

 なんというか……美少女キャラやその手の作品に出てくる男キャラの名前が見え隠れするのは、私の目がどうかしてしまったからでしょうか。
 まあ、名前なんていうのは、いくら無限のバリエーションがあるとはいえ奇抜な名前が良しというわけではありませんからね。結局、似たような名前に収束するのはごく自然のことなんでしょうけど。

 あー、名前か。
 よく、名前に意味を持たせることってありますけど、意味や成り立ちまで考えて名前をつけている人の割合ってどんなものなんでしょうかね。根拠はありませんが、かなり少ないような気がします。後付で意味を持たせる人のほうが多いような。
 そもそも、適当に漢字をいくつか持ってきたらなにかしらの意味が出来るものですからね。
 それとは別に、姓名判断を用いている人の割合はどんなものでしょうね。どうせ調査するなら、その辺りも調べて欲しいところです。

(12月8日 空・海・愛・優・斗・悠・美・翔。ランキングでやたらと多く見えたのがこの辺りですね。どうして人気なのか、正直わかりかねます)

バカとテストと召還獣5――      ←あぶりだし――

 『バカとテストと召還獣5』
 著:井上堅二 イラスト:葉賀ユイ
 出版:ファミ通文庫

 遅くなりましたが、バカとテストと召還獣の新刊を読みました。
 本当に遅い。でも、なぜか売ってなかったんですよ。秀吉の人気は怖すぎる。

 相変わらず秀吉がかわいいこの作品、今回は主人公の姉が登場という新展開。

 とりあえずそれはさておき、今回は学期末試験の話です。今回は召還獣の活躍はありませんでしたが、前半からフルスロットルでコースアウト。これだからバカはやめられない。
 ムッツリーニ! 私にも秀吉の抱き枕カバーを売ってくれ!
 しかし、姉が思ったよりクールで驚きました。もっと破天荒なものかと思ってましたが。まあ、破天荒キャラはすでに飽和している感がありますから、これぐらいのほうが話の幅が広がって良いかもしれません。

 とにかく、姉である玲の滞在の手前、テストで良い点を取らなければならなくなった主人公、明久。
 コレクションが公衆にさらされつつある中、彼はクラスメートの手を借りながら期末試験に立ち向かおうとするわけです。
 そうすると出てくる出てくる、これまでに貯め込んだ聖(「性」の誤り)書が。
 いや違います。違いませんけど。
 発展があったりなかったり、不純異性交遊の芽があちらこちらで見えてくるわけです。そういう話。

 順調に新たな道を築きつつある久保利光と常村勇作の叫びなども交えつつの展開はもはや神がかってます。
 瑞希との関係や美波との関係にも道が舗装されていくのが見えてきましたからね。
 まあ、なんだかんだでテスト勉強に費やした時間が、次の巻でどう繋がっていくのかが楽しみです。今回は『Fクラスは おおきくいきをすいこんだ!』といったところでしょう。
 その息の吸い込み方にしてやられた私が言う台詞ではありませんがね!

(12月8日 クラナドのアニメは完全にスルーしてたので最近知ったんですが、OPなんでしょうか、『時を刻む唄』良いですね。メロディラインが好きです。とくにイントロ。原作の『同じ高みへ』のアレンジのようですが、まさかこれほどとは思いもよりませんでした)

12月08日のココロ日記(BlogPet)

意味と量産の共通点って何でしょうね?

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

今昔よどみなく


 今昔物語集だから青空文庫に置いてあるだろうと思ったら、影も形も置かれていませんでした。
 いや、そこまで無理してみたいわけではないんですけどね。古文のあの独特のテンポがふいに恋しくなるときがあるんですよ。

 今は昔、二次に惑いし小鳥ありけり。「うつくしき女童は画にあり」と鳴きて、雨に紛れ去りし。

 というか、古文って文章量の割に中身が多くていいですね。お得感あり。古文はもっと見直されてもいい学問だと思います。まあ、文法がガタガタな私が言えた台詞ではないですけどね。


スウェーデンの研究者、「人体入れ替わり」の錯覚実験に成功


 初見といいますか、一読ではさっぱり言っていることの意味がわからなかったこの記事。
 で、とりあえず理解にいたったんですよ。
 視覚から与える情報だけで、そこに自分の身体があるように脳に誤認識させることに成功した、という。
 いや、すごいですね。この実験が正しいのならば、二次元を人に三次元と認識させることが可能だということになるんじゃないでしょうか。
 つまり、二次元内に自分によく似たデータがあって、かつそのデータが自分の実際の動きと同期すれば、脳は二次元内にあるそのデータを自分として認識するということでしょう。
 少なくとも、人間一人の外見だけを取り込むことは、現在、それほど難しいことではないでしょうから、あとは身体の動きをできるだけタイムラグなしに読み込むソフト(?)さえ出来れば……。音声認識などとはわけが違いますかね、やっぱり。これは難しそうだ。

 しかし、なんにしても、この実験は興味深い。痛みなども感じるとしたら、ショック死する危険もあるでしょうけどね。

(12月7日 三次元と二次元を行き交うことができるとしたら、四次元に行くことを望む人はいなくなりますかね?)

冷風をしのぐための次善の策


 どうでもいいですけど、ケーキっていつが一番売れるんでしょうね。
 これだけ宣伝しているんだから、当然クリスマスケーキは売れているんでしょうけど、あとはいつなんでしょうか?
 とりあえず、イベントで考えられるのはバレンタインや桃の節句、端午の節句、七夕ぐらいか。
 この中で考えるなら、やっぱりクリスマスですかね。
 ケーキがもっとも輝くイベント。しかし、誰からも労われることがないというのが、なんとも切ない。
 暗い冷蔵庫の中に押し込められ、やっと出たかと思ったら食べられる。ケーキが夢見たクリスマスは、いったいどこにいったのか。
 ふたたび犠牲者となるケーキが生まれ、そして、また冬が来る。


 歯が痛い。
 おかげさまで、ケーキどころじゃないという話ですよ。
 歯の治療方法が確立したのがいつぐらいなのか知りませんが、それより前の時代は辛かったでしょうね。歯の痛みって自然と治るようなものではありませんし。
 しかし、かくいう私も、この歯の痛みを抱えたまま年が越せるのかどうかかなり不安です。
 バニラアイスのひとつも食べられない年越しなんて!

(12月6日 歯が痛いときになにが一番困るかって、ものを食べてもまったく美味しく感じられないことですよ。味どころじゃないですよ。そして、食べることから離れてしまい、だんだんと空きっ腹を抱えての生活に……。最終的には「あれもこれもおいしかったあの頃……」を思い返すことになるという。とんでもない生き地獄です)

自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。