スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校の怪談


 ここ最近アニメや映画のDVDを借りまくっていたんですが、今日は学校の怪談という映画を2~4までつづけて見ました。

 学校の怪談というと、七不思議や都市伝説やらいろいろごちゃまぜになっていて、取り上げられる題材も取り上げられ方もまばらで、それこそ作者の書き方ひとつで大きく変わるのが面白い。

 そんな中で、今回私がみたのは“子供達が学校に閉じこめられる”タイプの学校の怪談で、特殊な条件が満たされてしまった学校が異界と化すものですね。つまり、都市伝説などがそうであるような、日常の中にまぎれている非日常という一般的な組み合わせではなく、完全な非日常の中で子供達が逃げまどう話です。ナンバリングとしては1~4まで出ていて最後の4が出たのが1999年のようなので十年以上経っていることになります。まあ、わりと有名な映画でしょうから、知っている人も少なくないかと思いますが。
 その十年ほど経っているから、という理由もあってか3を除いて学校の雰囲気がとても古い。いや、特別古い校舎を選んでいるということもあるんでしょうけど、なかなか趣のある学校で、それを見ているだけでも楽しめます。
 怪談として出てくるのは有名な妖怪ばかりではないのも面白いところで、恐怖を煽る演出として様々なギミックや小道具が使われます。恐怖というものを上手く抽出した邦画らしいホラーです。


 まあ雰囲気を抜きにしても、この作品はどれも可愛らしい女の子が出てきますのでそういうのが好きな人には強くおすすめしたいです(ただしその子役の名前を検索して現在の姿を見てしまうとめちゃくちゃ後悔します)

 とくに可愛いのは4の弥恵という子で、彼女の「おにいちゃん」は一見の価値ありです。というか4は弥恵以外に見所がなかったんですけどね。1~3まではわりと早い段階で学校に閉じこめられて妖怪から追いかけ回されながら話が進むんですけど、4は展開が遅いというかぬるいというか。新しいことをやろうとして失敗した感が強かった。まあ弥恵が可愛かったからいいや。
スポンサーサイト

そらのおとしもの


 『そらのおとしもの』の一期と二期を立て続けに見ていました。
 とにかくニンフの体つきが狂おしいほど扇情的なうえに蠱惑的で、言動も相まってあらゆる場面で輝いていました。ニンフといえば欧州で美しい少女の姿をした妖精のことをさして使われる言葉だと思いますが、まさにその名が体を表した究極の一例と言っても良いと思います。お菓子を食べながらテレビに見入る姿ですら美しい、そんな罪作りな少女をあますことなく表現したという一点ですばらしいアニメだと断言できます。
 しかし、このアニメはニンフだけではありませんでした。ニンフ以外のヒロイン、イカロスや見月そはらも押さえるところは押さえていて、ヒロインの少なさなどなんの苦ともしない見事なヒロインたちです。二期からはアストレアやカオス(終盤しか出てきませんが)も加わり、質、量ともに萌えアニメとして最高峰周辺を飛び回っている出来になっていました。
 もう本当に良かった。楽しかったし、可愛かった。全編を通してイカロスのボケ具合が癒しに満ちていて、ニンフは艶美で、そはらは智樹と良いコンビで、アストレアにいたってはキャラという一面でいえばまさに随一と言える存在感がありました。とくにアストレアはバカっぷりが可愛さと直結している場面が多く、見ていて安心できるキャラでした。アストレアは画面に映っているだけで視聴者へと無意味なにやけ面をもたらす存在でしょう。ちなみに会長はあんまりいらなかった。

 ただ、核心に迫るメインストーリーに関しては、原作のノリもあるようで一期、二期をあわせて考えてもほとんど動いていませんでした。原作をまだ読んでいないのでわかりませんが、アニメの流れを考えると、ほとんどギャグ・日常で話が進んで、時折イカロスたちの秘密に触れていくような感じなんでしょうね。それでも見応えがあるのはやはりキャラの可愛さが本物だからでしょう。
 萌えアニメというグループに括られるアニメは数多くありますが、これほどキャラが可愛いと断言できるアニメは希少だと思います。私でさえロリキャラ以外のキャラクターを可愛いと思えたぐらいですから、そらのおとしもののヒロインには属性を超えたポテンシャルがそなわっているのは間違いありません。
 どうやら三期アニメも決定しているようなので、萌えアニメ好きで『そらのおとしもの』未見の人には、いまこそぜひ手にとってもらいたいものです。

生まれるということ


【等身大】初音ミク作ってみた【01_balladePV】

 物作りの天才……という言葉では済まされない努力の跡が凄い。
 いや、こんなことを出来る人がいるという事実自体が凄い。なんてこった。

感無量


【MikuMikuDance】続・Love&Joyホームビデオエディション【修正版】

 今日までその存在を知らなかったことを、恥じる。


 初音ミク、ちびミク、そして新たなモデル――ぷちミク。

 もうね、私は嬉しいんですよ。初音ミクもかわいいかわいいって思ってましたが、そこでまさかのちびミクが登場して、さらにはこうしてぷちミクまで生まれた。もうね、私は嬉しいんですよ。あまりの嬉しさに言葉がありません。

未来の重層

【ニコニコ動画】【第3回】MikuMikuDanceCup TRILOGY 表彰閉会式【MMD杯】

 第3回MMD杯閉会式動画。
 いやー、本当にね、もう素晴らしい大会でした。次回も楽しみすぎる。
 樋口優氏のコメントにもまったく同感。MMDを通して出てきた多くの技術と才能にはただただ感服します。もちろん、それでもこんなソフトを作り上げた樋口優氏の功績は、それのすべての土台になっているという意味で、やはりMMD動画と同じく、いやむしろそれ以上に評価される必要があると思います。


 というわけで私が個人的に

 優勝【ニコニコ動画】【第3回MMD杯本選】プレゼント【ののワさん】


 準優勝【ニコニコ動画】【第3回MMD杯本選】キラメキラリを踊ってみた


 として挙げた動画は残念ながら賞を獲ることはできなかったようですが、それでも再生数はここ何日かでかなり伸びているし、マイリストも結構増えてるかな? マイリストの数字はよく覚えていませんが。しかし、評価されているのは間違いないようでなんとなく安心。

 ちびミクがもっと広まって動画が増えることを祈るばかり(私の嗜好は関係ありませんよ! きっと!)


 しかし動画か。どうでもいい……わけではないんですが、MMD杯とか、そうでなくても、素晴らしいMMD動画を見るとなんか悔しくなる。どうして私はこっち側にいるんだ、とか。さて、どっから手をつけようか。

自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。