スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M905+α


 『パソコンとか』カテゴリを更新するのひさしぶりすぎる。いや、書くことがないんですよねえ。もともと気になった製品の記事を取り上げたりするぐらいしかしていませんし。

 というわけで、今回ロジクールのM905とM235をロジクール公式ショップのアウトレットで購入したので、所感を。

 M905はDarkFieldレーザートラッキングを搭載したモバイルマウスです。レーザーマウスなのにガラステーブル上でも使える、つまり使用場所を選ばない――とのことですが、ガラステーブルでも使っていない限りは、はっきりいってまったく無意味な機能でしょう。しかし、DarkFieldという字面がかっこいいのでその辺りは問題ありませんね。
 高速スクロールもついていますが、これはロジクールマウスのミドルランク(四千~ぐらい?)以上であれば搭載しています。ただ、ミドルランクでも上級のモデルになるとホイールの回転部分が金属になっています。理由はよくわかりませんが、おそらく高速ホイールの性能向上のためだと思います。
 接続形式は2.4GHz無線接続。Unifyingという、ロジクール独自の仕様を組みこんだもので、対応しているマウス・キーボードであれば一つのレシーバーに複数の製品を登録可能です。マウスを三つ(例:M950,M905,M705rなど)同時に使うとしてもレシーバー一つで使えるとかどうとか。有効利用法が思い浮かびませんが。
 ボタンはホイールの下に一つ、サイドにボタンが二つ。ホイール部分は、左右にも動かすことができます(チルトホイール)。
 ハード上の機能としてはそれぐらいですね。要するに、ロジクールマウスとして標準的な仕様のマウスです。

 では売りはなにかというと、使用感、これに限ります。クリックやホイール、手触りまで、極上とまでは行きませんが心地良く感じられるような出来になっています。
 とくに良かったのはやはりホイール部分ですね。左右の動きの精度がとてもよく、使いやすいです。上下スクロールも同様で、高速ホイール、通常ホイールともに素晴らしい体験が味わえます。
 まあ、オーソドックスを高品質にまで仕上げたマウスといったところですね。



 では、次にM235。アウトレットで、五千円以上を購入したら送料無料という言葉につられてちょうど良い値段のものを見繕っていたときに見つけたマウス。マウス二つも買ってどうすんだ、というのはまったくおっしゃる通りで、返す言葉もございません。

 こちらは特別ボタンがあるわけではなく、チルトホイールでもない、ごく普通のマウスです。ただ、値段のわりには(相場では千円ほど)クリックもホイールも良い具合です。二千円クラスぐらいはありそう。ホイールのするする感なんかは、とくに良い。
 こちらの売りはレシーバーが非常に小さいことと、電池の保ち。商品説明によると、なんでも単三電池一本で一年以上動くとか。すごいですね。ただまあ、電池の保ちという一点で話をするなら、ロジクールマウスのミドルクラスにあたるM705rは単三電池二本で三年以上持つらしいです。もうこうなるとマウスが壊れるのと電池の寿命が来るのとどちらが先かってレベルですね。

 M905、M235、どちらもマウスとしてなかなか良い製品だと思います。長い付き合いになってほしいものです。
スポンサーサイト

Intel 6シリーズチップセットに不具合

Intel、6シリーズチップセットに不具合、リコールへ


 原文はこちら(英語)。
 現時点で発売されているのはIntel® 6 Seriesに該当する、P67&H67、HM67ですね。つまり、Sandy Bridge用マザーボードすべてに影響するチップセットの不具合です。ページに書かれているぶんを素直に読むなら『SATAポートに関する設計ミスが見つかった。SATA接続したハードウェアとの通信において、性能や機能に影響を及ぼす可能性がある。しかし、この設計ミスはCPUおよび、他の製品に対しての影響はない』といったところですね。
 該当チップセットは出荷停止、それらを搭載したM/Bは、各ショップで続々と販売休止になっているようです。すでに買ってしまったという人はショップに問い合わせる必要がある……となっていますが、現時点では対策がなにひとつ無いようなので、Intelが出荷する修正チップセット待ちということになります。これは二月下旬から顧客に届くようにするらしいです。そこからM/Bに載ってPCショップへ、となりますから、実際にどれぐらい時間がかかるかはわかりませんね。上の原文によると、四月には(ユーザー?)全体に行き渡る提供ができるだろう、となっています。回収・交換対応はこの辺りの時期ですかね。


 私も性能に期待してSandy Bridgeに関する記事をいろいろ挙げましたが、まさかこういうことになるとは思ってもみませんでした。Sandy Bridgeで、メモリの相性がどうこうという問題やら、ASUSのマザーに少し問題が多い、とやらの話が出回っていましたが、まさかチップセットそのものの問題だったとは。始まる前からM/B全滅とか、想像の域を超えてました。
 Intelが掲載した文章の中では、将来的に影響がでる、という風に書かれていましたが、実際、あれだけ不具合報告があったということは、すでにストレージや光学ドライブとの通信に影響が出ていたということなんでしょう。だからOSがインストールできなかったり、インストールできたあともフリーズが多発したりしていたと。

 不具合を黙認して使い続けながら待つか、完全に眠らせるか。Sandy Bridgeのプロセッサが優秀だっただけに、苦い選択になりそうです。


※追記
 Intelの発表の日本語訳版。
 インテル コーポレーション、チップセット製品の設計上の問題を特定し、解決策を実施

Vertical Editor

 これまでずっとotbeditというテキストエディタを使っていたんですが、ひょんな拍子から縦書き可能なテキストエディタ(アウトラインプロセッサ?)というものを導入したので、試しに縦書きで書いた文章でブログに投稿してみます。まあ、ブログに表示される文章はとくになにも変わらないでしょうけど。
 フリーソフトで縦書きが可能なもの、ということで探しているうちに見つけたのがこのVertical editorです。存在そのものは結構前から知っていたんですよ。ただ、これまで使う機会が無かったのであまり気にしていませんでした。
 冒頭で書きましたが、PCで文章を書くようになってからというもの、私はずっと(かれこれ三年ぐらい?)otbeditを使ってきました。現時点でもとくに、いえ、むしろまったく不満はなかったのですが、試しに導入してみたこのVerticalEditor、文字と文字編集スペースのビジュアルがすごく良い。アンチエイリアス描画がとても見やすく、原稿用紙そのものの上に書くような感覚で文章が打てます。また、横書きで文章を書いていると、どうしても文字数の感覚や文章の開き(漢字や句読点の割合など)がわかりにくくなるんですが、縦書きだとわざわざ意識して見なくてもパッと見るだけで直感的に理解できます。文章を書くという点について、とても満足の行く使い心地です。

 ただ、ひとつ問題がありまして。
 スクロールが非常にもっさりしてるんですよ。そして、ロジクールのマウスに搭載されているファストスクロール機能がほとんど使えない。マウスのスクロールを止めても、マウスの動いたぶんをソフトがそのまま読み込んでいるのか、思った通りのところで止まらないわけです。なんか前もこんなことがあったような気がします。どのソフトで起きた現象だったか忘れましたが。まあ、一応Page upやdownを使えばそれで問題ないと言えなくもないんですが、それでも、ファイルが大きくなると動きに若干もたつきがでてくる。長文の小説を書いているときは苦労しそうな感じです。
 しかし、なにやらこのアウトラインプロセッサ、とやらは段落分け、ノード?とかいう管理ができるらしく、同テキストファイル内のデータを分割して表示できるみたいですね。しかもそのデータを切ったり貼ったりできるとか。すげー。こんな便利な機能がついたソフトがあるなんて初めて知りました。なんでも、一太郎やWordにもついている機能のようですが……そういったものを使ったことないので、さっぱり知りませんでした。こういうソフトの骨格を作れる人ってすごいですねえ。便利なものを作り出せる人って、どういう思考回路をしているんでしょう。空想を形にできる技能、この場合だとプログラミングですか、その技能も当然認められるべきですが、しかしなにより「こういうのが欲しいな」とそう考えることができる発想力もやはり賞賛されて然るべきものだと思います。

 と、ここまででだいたい原稿用紙三枚を使い切りました。ほむ、わからん。横書きなら、○KBぐらいかなーとアバウトに理解できますが、縦書きだとそうもいきませんね。てか、ステータスバーに文字数が表示されているじゃないか。これが何年も前のフリーソフトだとは……。
 しかし、面白い。縦書き新鮮すぎる。もういっそ一太郎買おうかな。でも、一太郎の縦書きってどうなんだろう。このVertical Editor以上に快適なんだろうか。面倒くさいけど体験版でも落としてみるか。


 ≪ここまでVertical Editor縦書き≫

 
 プレビューの時点で印象が違いすぎる。やっぱり、横書きだとある程度改行をはさまないと見難いですね。行間の余白が少ないからというのもあるかもしれませんが……。

 まあ、なんにせよ面白いソフトです。もっとも、テキストを日常的に書いているような人はとっくに知っているようなことばかりなんでしょうけど。

進化の密度

「この反響はマジで予想外でした」――猛烈に売れるSandy Bridge


 ここのところ、エントリーで毎度毎度SandyだのAMDだの言っていますが、AMDの新プロセッサの発売が正式に発表されるまではもう書かないかと思います。なんかいろいろレビューとかも出ているみたいなので、これがとりあえず最後。
 というわけで、Sandy Bridgeの記事を取り上げる。以前から性能の高さが評判になっており、また、その使い勝手の良さから一般層からPC好き層まで多くの人から注目されていたCPUが発売されました。
 ソケットはLGA1155、今回のCPU発売と併せて発売されたM/BのチップセットはP67とH67となっており、大まかにわけると、

 P67:GPU出力なし、OC対応
 H67:GPU出力あり、OCほぼ非対応

 です。細かい仕様などはAKIBA PC hotlineで紹介されています。記事に載っていないM/Bもあるようですが。

 CPUに内蔵されているGPUは、Core i5-2500KとCore i7-2600KがHD3000、それ以外のラインナップはHD2000だそうです。値段のことも考えると、クロック倍率解除バージョンのほうがどう見てもお得。実際、内蔵GPU性能もそれなりに差があるようですし。ただ、どっちもいまは品薄のようですね。いや、もしかすると現時点では全体的に品薄かもしれませんが。

 まあとにかく、現時点での組み合わせとしては、CPU(OC有り)+P67+グラボ、CPU(OC無し)+H67が基本になりそうです。
 私としては、以前からMini-ITXがどうこうとのたまっていた通り、後者のほうがすごく気になっています。私の用途としてはこれで十分ですからね。なにより、省スペースで済ませられるというのがとても魅力的です。(Express5800/S70 RBを衝動買いした事実はなかったことになりました)
 Mini-ITXケースも個性的なものから堅実的なものまでありますし、電源やストレージに関しても静音なうえ、結構安くなっているので、これからは省スペース・高性能の時代が来る! はず。

 まあ、AMDの発表までは待ちますし、たぶんAMDのCPUを買うと思いますけどね。



 そういえば、Windows7に初期搭載されているゲームプログラムにチェスがあることに気づいたんですよ。初級、中級、上級とありまして、とりあえず初級でやってみたところCPUにボコボコにされました。ひどいゲームだ……。さすがに悔しくて、再挑戦してみたところ、3回やってやっと一勝。初級マスターは遠そうです。

その扉に手をかけて

 神のみのエルシィ無双が止まらない。マンガじゃあれほど空気なのに……。いや、それよりも、神のみアニメ、正直微妙です。改変されてるセリフのセンスの無さが凄まじい。原作のテンポが良すぎるというのが問題なんでしょうが。あのアニメの出来だと桂馬やヒロインの機微がまったく伝わらないんじゃないでしょうか。唯一良いと言えるのは作画と小ネタ、そしてエルシィだけ……むしろ小ネタに凝るぐらいならセリフ回しとテンポにこだわれよと言いたいところですが。でも、エルシィはやっぱり良い。
 二期も確定しているそうですが、この調子でやられたら絶対すぐに飽きる。かのん、栞と好きなキャラがまだ続くのは良いんですが、肝心の出来はどうなるんでしょうかね。


NEC、IPSパネル/LEDバックライトの23型フルHD液晶



  (  ゚д゚)
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /

  ( ゚д゚ )
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /

  ( ゚д゚ ) ガタッ
  .r   ヾ
__|_| / ̄ ̄ ̄/_
  \/    /

  (  ゚д゚)
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /


 上位機種が三万七千円前後でIPS……最近の安物IPSの氾濫はどうにならないのか……。いや、いいんですけど。
 こういうディスプレイに関しては、実際に見てみないことにはわからないんですけど、どこにも置いてないんですよね。ディスプレイの購入だけはいつまで経ってもギャンブル。うーん、でも17型のデュアルディスプレイもそろそろ限界が見えてきたんですよね。23型の縦置きデュアルディスプレイにしたいところ。モニターアーム+安物23型IPSのセットで幸せになれるような気がする。まあ気のせいなんですけどね。

自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。